2006年5月頃から「コーヒー 販売 アイビーンズコーヒー」さんのサイト構築をしています。
osCommerce(Alter2)は初めての体験。素のosCommerceは、数年前にも少しだけさわったことはあったものの、XOOPSJoomla!のように、テンプレートをアップして適用、なんてことは通用しない代物だった記憶がありました。

リニューアルついでに、といっては何だが(ぜんぜん「ついで」じゃないですね。こっちの方に時間がかかるって話です。)SEOにも着手してみた。

以前のサイト検索順位はGoogleでおおよそ800位。Yahoo!Japanははっきり覚えてないんですが、出てこなかったのかも。MSNGoofreshEYEは全く認識していませんでした。

それ以降約4ヶ月。現在のランクはぐっと良くなり、2006年9月、最初に調べたところ…

Google    9,890,000件中  20位
YST     11,500,000件中  18位
MSN       186,864件中   2位
Goo       522,000件中  19位
freshEYE    859,398件中   4位

とすばらしい結果に持ち込むことができました。

また「サイト内検索」にも力を注ぎこんでみました。
osCommerceには商品検索なるものがあるのだが、少々使いづらく、検索式も「Qve (デザイン and コミュニケーション) or なんとか…」みたいな条件でも検索はできますが、正直いってそんな検索のしかたしないですよね。ユーザにはどう考えても使いづらい。
クライアントの意向もあって、リストボックスまたはプルダウンメニューから検索条件が設定できないものか…との打診があった。あまり深く考えず「いけるでしょう」と答えてしまったワタシ。
そこからが大変でした。
通常、CGIなどの検索にはformは用いられるが、name属性はそれぞれ独立しています。
しかし、今回は同一name属性でないとosCommerce標準の検索機能が使えない…。
少 々焦ったあげく、「ごめんなさい、ちょっと難しそうです。」と一度はお断りしたんですが、ふと、ひらめいたんです。つまり、CGIなりPHPを使用して、 name属性をひとまとめにして、新たなひとくくりのテキストを作ってしまえばいいのか!ざっと都合12時間。ようやく完成しました。
一見、なんてことない検索システムなんですけどね。
同じテキストフィールドから、複数のキーワードを検索できるんですよね。
相当な時間を、調査にあてましたが「できない・フィールドを分ける」ってことしか情報はなく。
かなり大変な作業でしたが、自身のスキルアップとなりました。