Qve [design communication]

Communication Design Studio.

「2008年7月」の一覧

7/30
2008

Landing sites 1.3

Googleのキャッシュがなかなか消えてくれなかったために、Landing sites 1.3 を入れておいたんですが、キャッシュが消えても動作していない様子。

もう一度、設置方法をよく見てみようと思い、Thomas Silkjær氏 のBLOGへ。
検索結果が見つからない場合の表示を日本語化するために、プラグインのエンコーディングをUTF-8で作業したことも影響しているのかと思い、オリジナルのファイルを使用して検証してみました。
結局、インストール手順の一部を読み飛ばしていたようで…。現在快調に動作しているようです。 Read more…▶

7/26
2008

Googleって…

これもGoogleの仕業(笑)かと思ったんですが、違うようですね。
ていねいに「おそらく、こちらでは?」と案内されます。

検索してみたんですが、昨年あたりから存在するようですね。
http://www.googleco.jp/
「リダイレクトしないから非公式なんじゃ?」というぐらいしか情報がありません。
(敢えてリンクはしていません。)

どうしてこんなものを見つけたのかという理由は…
長らく放置してあったMacProを設置し、Windowsをインストール。
純正のUSBキーボードなら問題なく使えるんだろうけど、いまだに拡張キーボードが手放せないのでiMateを接続して使ってます。 Read more…▶

7/22
2008

HTMLファイルにfeedを読み込んでみる

qve.cc と qve.in のドメインを分離しました。
理由はいたって明白、やはり「テストサイトが必要になった」からです。
そこで、qve.cc と qve.in のトップページに、ドメインを分離した旨のHTMLを設置したわけなんですが、お引っ越しメッセージのような味気なさが気になって…。qve.jp の RSSを表示できないものかと調べてみたところ
tokyoportfieldsさんのサイトで紹介されていた「JavaScript: 外部RSS読み込み, Load external RSS Feeds by JavaScript, “Google Ajax Feeds API”」に挑戦してみました。

Start using the Google AJAX Feed APIにアクセスし、ログインします。私は基本的にログインしっぱなしのことが多いので、いきなり同意画面が表示されました。もし、アカウントがなければ作成してください。

feed を get するURIを入力し[Generate API Key]をクリックします。 Read more…▶

7/21
2008

GmailのIMAP受信

携帯アドレスのみならず、Gmail はどこからでもメールチェックができるので、非常に重宝しています。今回のiPhoneもGmailをメインで使用する方向に決めました。
POP受信していると、ローカル(メールクライアント・メールソフト)とサーバの内容に差異が生じる可能性があります。

そこでIMAP

IMAPはサーバのデータを参照し、その情報だけをローカルに保存する方式なので、どこからアクセスしても同じ状態のメールを確認することが可能となります。
Thunderbird の場合、アカウント作成画面に「Gmail」という選択肢がありますが、そのまま設定するとPOP受信の設定になるようですし、IMAPに変更はできるのかも知れませんが、今回は通常のアカウント設定をしてみました。

以下の記事を参照したんですが、Mac版の場合、設定項目が全然違う部分にあります。 Read more…▶

7/20
2008

SH905iからiPhoneへアドレス帳を移行する

いままで、DoCoMoの機種変更しかしたことがなかったもので、電話帳はショップで移行してもらっていたんですが、今回ばかりは買い増ししてしまったのと「お客様ご自身で」と念押しされてしまったため、自力でやるしかなくなりました(笑)。

ファイル形式を調べる

いま使っているDoCoMoのキャリアはSH905i。MicroSDに電話帳のバックアップができるので、時々していました。たぶん、テキストデータの系統だろうと思い、覗いてみると…。ちなみに、MicroSD/SD_PIM/PIM00001.VCF(たぶんファイル名は任意だと思います)へ保存されてました。

とりあえず読み込んでみる

テキストエディタで開いてみると、見事にテキストが読めます。vCard2.1と書かれているので、Mac標準のアドレスブックへ読み込んでみました。 Read more…▶