OKI MICROLINE 9500PS-F は対応ドライバがリリースされたので問題なく出力できるようになりましたが、CANON LBP-2260PSはSnow Leopard で完全にサポートされなくなってしまいました。
10.6でAppleTalkがサポートされなくなったのが原因なので、AppleTalkに依存する部分が大きい旧機種には痛い話です。
それでも壊れてないんだから使いたいのは当然です。
基本的にMacintoshで仕事をしていますが、Windows入稿に対応するためVMWareFusionを使っています。
XPからは問題なく出力できるので、校正用のPDFを作成してXPから出力していました。
ふと、アップグレード直後にtwitterで教えてもらったことを思い出して実践してみました。
1.Windows側でプリンタ共有
2.Mac側でWindowsプリンタを探し、ドライバは現状対応のPPDを使用する
これで普通にアプリケーションから出力できるようになりました。
ただし、ダウンロードしたままのPPDは半角カナが含まれているため、半角カナの部分がUIに表示されません。
修正に関しては、本格的にMacPro環境へ[https://qve.jp/2009/01/本格的にmacpro環境へ/]をご覧ください。
あくまでも動作保証はされてない方法ですので、自己責任でということで。

OKI MICROLINE 9500PS-F は対応ドライバがリリースされたので問題なく出力できるようになりましたが、CANON LBP-2260PS Snow Leopard で完全にサポートされなくなってしまいました。
10.6でAppleTalkがサポートされなくなったのが原因なので、AppleTalkに依存する部分が大きい旧機種には痛い話です。

それでも壊れてないんだから使いたいのは当然です。
基本的にMacintoshで仕事をしていますが、Windows入稿に対応するためVMWareFusionを使っています。XPからは問題なく出力できるので、校正用のPDFを作成してXPから出力していました。

ふと、アップグレード直後にtwitterで教えてもらったことを思い出して実践してみました。

  1. Windows側でプリンタ共有
  2. Mac側でWindowsプリンタを探し、ドライバは現状対応のPPDを使用する

これで普通にアプリケーションから出力できるようになりました。

ただし、ダウンロードしたままのPPDは半角カナが含まれているため、半角カナの部分がUIに表示されません。

PPDインストール後のパネル

PPDの修正に関しては、本格的にMacPro環境へ をご覧ください。

あくまでも動作保証はされてない方法ですので、自己責任でということで。