Qve [design communication]

Communication Design Studio.

タグ「Application」の一覧

4/3
2013

GoolgleApps と Chrome アカウント

ベータリリースから便利に使っているGoogleAppsですが……
いつの間にか、新規登録のURLが表に表示されなくなって、ついに昨年、新規登録も打ち切られましたね。まぁ当然なんでしょうけど。

Google のサービスをフル活用しようと思うと、フリーの Google アカウントの方がよかったりします。フリーGoogleAppsユーザーは思いの外使えない場合が多いです。Google+も使えませんし、プロフィール画像の設定もできなかったように思います。

ただ独自ドメインで Gmail の機能が使えるのが一番の目玉なので、サーバーに付属のメールサービスにはもう戻れませんが……。

つい先日、Chromeアカウントで「ログイン情報が古くなっています」と警告が出ました。再ログインを試みるも、「パスワードが違います(文言はうろ覚え)的」な警告が。

もう Chrome の同期は諦めていたんですが、ふと思い立ってドメインの管理画面で Google Chrome Sync を ON / OFF とトグルしたりしてみますが、何かの拍子にログインできたりエラーが起こったり。

スイッチをトグルしたり

いろいろ探してみると有力な情報が。

http://0-productforums.google.com.library.lanecc.edu/forum/#!topic/chrome-ja/rx8U4EPcTHo

チャットを有効にする(一般アカウントでは Googleトーク ですかね)を有効にするとログインできると。早速試したところ、問題なくログインできました。
iOSのChomeも問題なし。

もし同様の症状でお困りの方があれば、ぜひお試しを。

無事ログインできた

10/28
2012

iPhone5のバッテリードレインとiCalの507エラー

iPhone5 使い心地は快適なんですけど、バッテリーの消耗が異常なぐらい早い(泣)。
この状況ってのは尋常ではないわけで。

先日も夜の打ち合わせに出かけて、19時半の時点で97%。
22時の終了時にはなんと17%
どう考えてもおかしい。テザリング中ですか(笑)

調べてみると
MMSを一度設定をクリアするといいとか
ネットワーク設定をリセットするといいとか
復元したら治りますとか
諸説ありますが、というか原因がいろいろあるんでしょうね。
一時的に治ったように見えるんですが、充電してしばらく経過するとグングン減る。
もう泣けるぐらい(笑)。←逆に笑えてきましたけど

私の場合はどうやら iCloud に不具合があったようで……
一度 iCloud のアカウントを削除し、再度アクティブにしたところ…
それ以来、バッテリードレインは再発していません。

あまりにも減らないので、「あるある電池か?」とか疑ってみましたが、問題ないようです。
同期するデータが多いとちょっと時間がかかるかもしれませんが、どうやっても治らない場合に試す価値はあるかもしれません。

重なるときは重なるんですね、こういうトラブルって。

iCal が突然 507 エラーを吐いて、同期してくれなくなりました。

iCal 507 エラー

こういう使い方は想定されてないと思うんですが(笑)、自分の工数管理というか仕事チェックというか。

作業ファイル/フォルダを AppleScript & Cron で定期監視させて、自動でiCal に書き込ませてます。

いつのタイミングでどんな仕事をしていたか、ざっくりと、どれぐらい時間喰ってるかが把握できます。反省材料であったり、心の糧であったり。
4sqのチェックインと組み合わせて利用すると、自動ライフログのできあがり。

それはいいんですが、
調べてみても、iCal で 507 エラーってのは国内では出てこない。

米Appleディスカッションボードで発見したんですが(英語に弱くて……)……

https://discussions.apple.com/thread/3398234?start=0&tstart=0

いったんライブラリの中の iCal データを削除し、iCal を再起動させたあとで、もう一度同期させるといいよ

と書かれている気がします。

できれば残しておきたい記録なので、ics 形式で書き出しをしたあと、iPhone側のカレンダー同期はOFFにしてから、思い切って削除してみました。
最悪は「インポートすればいいや」って気持ちで。

すると、削除されたあと…なぜか復活(サーバーからデータを引っ張ってくるのが当たり前?)。

少々時間はくいましたが、今回はエラーも吐かずに同期してくれているようです。
ちょっとこの状態で様子見してみます。

10/7
2011

下版作業

もうほとんどありませんが、ごく希に「イラストレータ8形式で下版してください」という依頼があります。
PowerMacG4もPowerMacG5も、一応環境としては残してあるのでそちらで作業をすればいいのですが………
SnowLeopard では、OS9とのネットワークの具合がよくないので、非常に厄介です。小さなファイルや、単体で済むのならなおさら。

そこで「SheepShaver」の登場です。
このプロジェクトは随分昔からあるんですが、最近は大きなアップデートもないようですね……。
基本的にオープンソースなので誰でもダウンロードすることができますが、一番の問題は「実機からROMを吸い出す」という作業が必要。そういったユーティリティがありますが、もう「実機」を持っている人がないですよね。
そこでOS8.6やOS9(9.0.4)のシステムCD。これらのCDには「Mac OS ROM」というファイルが格納されています。これがROMとして扱われるので、システムCDがあれば使用可能のようです。(私は実機も持っていますが)

また詳しくは改めてエントリーします(笑)
ひとまずスクリーンショットをば。

機種は9500シリーズ、CPUはG4/100をエミュレートしてるようです。
体感的にはもっと早いです。

sheepshaver

10/4
2011

WEBサイトのログを見ていると

PDF トリミングでお越しいただくことが多いようで……。
AcrobatPro(相当)であればPDFトリミングなんぞ、屁でもないですよね。
念のため手順をば。

  1. 文書→ページのトリミング
  2. 出てくるダイアログでトリミングしたい周囲の寸法を入力
  3. カーソルで動かすには↑↓部分をフォーカスして、カーソルで操作
  4. 適用範囲も指定できますので、表示している1ページだけでもトリミング可能
  5. トリミング後のページサイズも確認できるので「トリミング後B4に」とかも確実

出てくるダイアログでトリミングしたい周囲の寸法を入力

自分が困ったのは、出先で「これなんとかして〜」と頼まれた時。
Readerぐらいしか入ってないし、それではトリミングできません。
幸いMac環境だったので、プレビューでなんとかならないか試して見たところ、上手くいったという寸法です。

詳しくは以下のPOSTをどうぞ。

Adobe Acrobat を使わないでPDFファイルをトリミングする

まぁしかし、未だに適当な作り方しかしらないDTPオペとかデザイナーが多いのは確かですね。で「ちゃんとやってる(つもり)」になってる人。後工程が迷惑するんだよ。ちゃんと勉強しようね。

9/23
2011

モニタのキャリブを再調整

以前、ビデオカードを NVIDIA GeForce GT 120 にアップグレードしてから、いい加減にしかキャリブをしていなかったので、いい加減調整しろよと……(笑)

要確認時はカラーチャートで確認するから、まぁいいんですが。
でも、概ねキャリブできていると仕事が楽ちんだったりしますのでやりました。

calibration
狂ってるとこは撮影するのを忘れたので、調整後だけですがこれぐらいきてます。

極力ハード側でコントロールしておきたいのですが、最終的な微調整なんかはカバーしきれません。

なので、Gamma Control というアプリを使って微調整しています。
これ、元々は英語アプリなんですが、日本語化して使ってます。
この日本語リソースなんですが、私のつたない英語で作者さんに問い合わせをして、日本語リソースの配布を許可していただきました。
いわゆる公認です(笑)
またいつかアップします。

気が向いたら自分流のキャリブのやりかたでもアップしましょうかしら。