Qve [design communication]

Communication Design Studio.

タグ「DTP」の一覧

11/18
2009

CANON LBP-2260PS

OKI MICROLINE 9500PS-F は対応ドライバがリリースされたので問題なく出力できるようになりましたが、CANON LBP-2260PSはSnow Leopard で完全にサポートされなくなってしまいました。
10.6でAppleTalkがサポートされなくなったのが原因なので、AppleTalkに依存する部分が大きい旧機種には痛い話です。
それでも壊れてないんだから使いたいのは当然です。
基本的にMacintoshで仕事をしていますが、Windows入稿に対応するためVMWareFusionを使っています。
XPからは問題なく出力できるので、校正用のPDFを作成してXPから出力していました。
ふと、アップグレード直後にtwitterで教えてもらったことを思い出して実践してみました。
1.Windows側でプリンタ共有
2.Mac側でWindowsプリンタを探し、ドライバは現状対応のPPDを使用する
これで普通にアプリケーションから出力できるようになりました。
ただし、ダウンロードしたままのPPDは半角カナが含まれているため、半角カナの部分がUIに表示されません。
修正に関しては、本格的にMacPro環境へ[https://qve.jp/2009/01/本格的にmacpro環境へ/]をご覧ください。
あくまでも動作保証はされてない方法ですので、自己責任でということで。

OKI MICROLINE 9500PS-F は対応ドライバがリリースされたので問題なく出力できるようになりましたが、CANON LBP-2260PS Snow Leopard で完全にサポートされなくなってしまいました。
10.6でAppleTalkがサポートされなくなったのが原因なので、AppleTalkに依存する部分が大きい旧機種には痛い話です。

それでも壊れてないんだから使いたいのは当然です。 Read more…▶

5/26
2009

今さらながらbiblos外字のPDFエンベッド

久しぶりにQuark3.3Jのデータを扱うことに…

データ環境は Quark3.3J + OCFフォント + Biblos外字セットという、ちょっと前まで出版業界では一般的な環境だったのですが、今となっては…。

まず、いくつかの手段を考えました。

  1. 当時の環境を再現してPS書き出し→PDF化
  2. すべてをEPSファイルでページ保存して再度貼り込み
  3. Quark8で開いてOCFフォントをOpenTypeに置換してPDF化
  4. InDesignで開き直して修正しつつPDF化

1)の手段が一番確実ですが、PDF化するときにBiblos外字がエンベッドされません。2)は書き出したEPSファイルにはフォントがエンベッドされていませんので出力環境を選びます。3)、4)は完了した印刷物を再度校正する必要が出てくる、ということで、最終的に1)の方法を取ることにしました。

数年来蓄積されたデータを総合版として再版する仕事なので、制作環境を再生する確実な手段を選びました。 Read more…▶