iPhone 用の近接撮影器具

iPhoneは近接撮影が非常に苦手ですね。
もうずいぶん前に作ったのですが、日常的に使ってみて結構便利に使えているので紹介します。

購入するもの

携帯メガネ拭き(ダイソーで買ってきました)
オペラグラス (ダイソーで買ってきました・レンズ部分しか使いません)

可能なら

魚の目治療の貼るタイプのパッチのようなもの

用意するもの

電気ドリル(あった方が楽)
両面テープ(レンズの固定に使います)
ヤスリ類 (レンズの整形に使います)

これはiPhoneのマクロレンズにぴったり

そのメガネ拭きを見た瞬間「おー。これはiPhoneのマクロレンズにぴったり」と、思わず購入。
オリジナルの状態の写真を撮影し忘れました(笑)。

要するに、片方のスポンジを取り外してしまい、ソコに穴をあけてレンズを取り付けるだけ…なんですが、これがまたいい具合です。
貼り付けたレンズは、オペラグラスから取り外したものです。至ってシンプルな仕組みなので作り方は割愛します。

取り付けたイメージはこんな感じ。

取り付けたイメージはこんな感じ。(レンズの加工が雑…)

レンズを加工するのは少々コツが必要でした。いかにプラスティックとはいえ、かなり硬質です。無理に割ろうとするとささくれてキレイに割れません。根気よくヤスリなどで整形するのが一番の近道かもしれません。

撮影サンプルは以下の通り。
もちろん、左が通常撮影、右がレンズ適用後です。

撮影サンプル

文字なんかはかなりキレイに読めるようになってますね。少々の歪みはご愛嬌ってことで。
精度のいいレンズを探してくれば、もっとキレイに仕上がるんじゃないかと思います。
虫眼鏡で拡大しているのと同じ状態ですので、当然ながら背景はキレイにボケます。いい感じの仕上がりになるんじゃないかと…。

最後に「魚の目の治療パッチ」ですが、レンズの反対側の白い部分に代用できるんじゃないかと思います。実際に使っているのはそれではないんですが、たぶん、ほとんど同じじゃないかと思われます。