Monthly Archives: 10月 2011

下版作業

もうほとんどありませんが、ごく希に「イラストレータ8形式で下版してください」という依頼があります。
PowerMacG4もPowerMacG5も、一応環境としては残してあるのでそちらで作業をすればいいのですが………
SnowLeopard では、OS9とのネットワークの具合がよくないので、非常に厄介です。小さなファイルや、単体で済むのならなおさら。

そこで「SheepShaver」の登場です。
このプロジェクトは随分昔からあるんですが、最近は大きなアップデートもないようですね……。
基本的にオープンソースなので誰でもダウンロードすることができますが、一番の問題は「実機からROMを吸い出す」という作業が必要。そういったユーティリティがありますが、もう「実機」を持っている人がないですよね。
そこでOS8.6やOS9(9.0.4)のシステムCD。これらのCDには「Mac OS ROM」というファイルが格納されています。これがROMとして扱われるので、システムCDがあれば使用可能のようです。(私は実機も持っていますが)

また詳しくは改めてエントリーします(笑)
ひとまずスクリーンショットをば。

機種は9500シリーズ、CPUはG4/100をエミュレートしてるようです。
体感的にはもっと早いです。

sheepshaver

サーバー移転

結局、送信した覚えのないメールはサーバー移転をすることになりました。
移転先は、以前から気になっていた Xserver。

結構柔軟にカスタマイズできるんですね。
PHPのセーフモード問題も大丈夫そうだし。php.iniとかも細かく設定できるし。
phpの使用バージョンも選べるし。

しばらく様子みて使ってみようかなー。

EPSON PM-3700C

EPSON PM-3700C

実はこのプリンタが一番長い付き合いかもしれない。
2003年に Qve と名乗るようになって以来のお付き合い。
もうすぐ10年を迎えますが、現役でした。(微妙に過去形)

ML9500PS-Fを入れるまではチラシ校正も名刺もなんでも出してました。
さすがに「ベタベタのチラシ校正用に10枚ちょうだい」と言われた時にはレーザープリンタの導入を決意しましたが(笑)校正紙に5000円も掛けられない…インクが2本は軽く飛ぶもんでw

でも、年賀状からポートレイトまで幅広くこなしてくれて、今から思うとランニングコスパも最強。A3ノビ対応だしね。

しかし、この頃のEPSONは【青線】【赤線】でGooge先生に聞いてみるとバンバン出てきますが、ヘッド汚れなのか、ヘッド寿命なのか、ハード不良なのか、ソフト不良なのか。
症状の出方によって違うみたいですが……。ついに青線を発症してしまったようです。
インクを入れ替えたタイミングで……。トホホ。

これは、なんでもかんでもガンガン使って、インクを使い切ってから、現行モデルに買い換えかなぁ。確か修理代上限は21,000円(送料・税込み)だった気がするけど、それだけ出すならPX-1001とかなら新品が買えるし。

A3ノビで次は顔料タイプにするかな。
写真画質はもういいので(笑)、PX-1004あたりか……。

WEBサイトのログを見ていると

PDF トリミングでお越しいただくことが多いようで……。
AcrobatPro(相当)であればPDFトリミングなんぞ、屁でもないですよね。
念のため手順をば。

  1. 文書→ページのトリミング
  2. 出てくるダイアログでトリミングしたい周囲の寸法を入力
  3. カーソルで動かすには↑↓部分をフォーカスして、カーソルで操作
  4. 適用範囲も指定できますので、表示している1ページだけでもトリミング可能
  5. トリミング後のページサイズも確認できるので「トリミング後B4に」とかも確実

出てくるダイアログでトリミングしたい周囲の寸法を入力

自分が困ったのは、出先で「これなんとかして〜」と頼まれた時。
Readerぐらいしか入ってないし、それではトリミングできません。
幸いMac環境だったので、プレビューでなんとかならないか試して見たところ、上手くいったという寸法です。

詳しくは以下のPOSTをどうぞ。

Adobe Acrobat を使わないでPDFファイルをトリミングする

まぁしかし、未だに適当な作り方しかしらないDTPオペとかデザイナーが多いのは確かですね。で「ちゃんとやってる(つもり)」になってる人。後工程が迷惑するんだよ。ちゃんと勉強しようね。

久しぶりのビール工場見学

私が住む多賀町には、キリンビール滋賀工場があります。
若い頃は、あの麦汁の香りが嫌だったんですが、グッとおとなになってからは「あ〜たまらん」という感じなのです。

この滋賀工場、事前予約が必要ですが工場見学をすることができます。
前に行ったのはいつだったか……。たぶん十数年昔の話(笑)

10月2日、エクスカーションに参加し、キリンビール滋賀工場の工場見学をしてきました。写真はダメとか言われなかったのでバシバシ撮ってきましたが、自重しておきます。

新工場入り口の「KIRIN」ロゴ。でっかい!(手前に写るは某溶工所の社長殿)
新工場入り口の「KIRIN」ロゴ。でっかい!(手前に写るは某溶工所の社長殿)

超有名なタンク。それぞれの工程で使用されています
超有名なタンク。それぞれの工程で使用されています