WordPress 2.6がリリースされてます。
見る側にとっては何ら変わることはないと思いますが、使う側にとっては大きな進歩。

いくつか目玉はあるようですが、驚いたのは「GoogleGears」。
これは「オフラインでもウェブアプリケーションの利用を可能にするプラットフォーム」というものらしい…。
極端に言うと「オフライン状態でもシステムの一部をキャッシュにため込んで実行することができるもの」だそうで、接続状態が遅くても快適に使えるための機能だそう。確かにインストール後管理画面の表示が早い気がします。

もうひとつは「リビジョン機能」。Wikipediaなどなら標準的に備わっている機能ですが、確かに便利。新旧比較もできるようです。

新旧比較という機能は、Indesignとかにあるといいのになぁ…なんて思ったりします。
確か昔、QuarkXPressのXTentionsにはそういった類のものがあったような。

更なる詳細は「「WordPress 2.6」がリリース–Google Gearsをサポート」で。

リビジョン管理