ここ数年、PDFで下版する機会が大幅に増えています。
というか、ネイティブデータで下版することのほうが少なくなりました。

とはいえ、PDFで下版しても……最終的にイラストレータで開き直して出力って手順を踏まれている会社もあるようで(笑)

結局「アウトラインでちょうだい」とか言われましても、私しゃイラストレータで組み上げることなんてあり得ませんので。

そんな時、PDF上で細工はできないものかと調べてみましたところ……

ありました。

PDF製作環境にもよるんですが、

  1. 透かしを追加(…Windows環境で作ったPDFだとこの手順が必要っぽいです)
  2. 分割・統合プレビュー

この手順でPDFのフォントのアウトライン化が可能です。

では忘れないように手順を(笑)

文書のプロパティ01

まずフォントの状態を確認。ちゃんとフォントがエンベッドされています。

透かしを追加

透かしを追加する。テキストに「 」(全角スペース)を入れてます。

ページ範囲

念のためページ範囲を確認。

分割・統合プレビュー

次に「分割・統合プレビュー」で解像度を1200dpi、全てのテキストをアウトラインに変換、すべての線をアウトラインに変換。文書内のすべてのページに適用してからOKします。この処理時間はボリュームに依存します。

文書のプロパティ02

終わったら再度確認。
これでフォントはすべてベクトル処理されました。

\ PDF万歳 /