校正提出が迫っているデータに限って、トラブルはつきもの…。
作家さんから送られてきたデータが開かない。う〜ん困りました。
いままでも添付ファイルにまつわるトラブルは数多く経験してきた方だと思いますが、今回ばかりはお手上げ。
王道と考えられる「StuffitExpander」もそれらしいファイルができるものの、デコードがうまくいってない様子。
半角スペースが「=20」になっていたり改行(もしやLF?)が「=0D」になっていたり…。
base64でエンコードされていたので、Windows用の「mime6401」も試してみるが効果なし。
AppleMailから送られているのはメールヘッダを見てわかったので、それ以外に何か方法はないかと考えていたんですが、容赦なく時間は過ぎていきます。

あと考えられるのは「Gmail」と「Thunderbird」。Thunderbirdも添付テキストにゴミが残る時がありますし…。
なかなか情報が見つからずに焦りました。

提出を送らせてでも、再送信してもらって明日朝からで勘弁してもらうか…と思っていたところ「とりとめもなく日記的雑記」さんで「Gmailの添付ファイルが”noname”になっちゃう問題」のエントリーを発見。

同様の経験をされているのでやってみようと思い、

Retrieve GMail’s “noname” attachments

にファイルをアップロードしてみました。サーバのレスポンスが非常に悪かったんですが、ちゃんとファイルを復元してくれました。

ついでにソースコードもアップされていたので、自分のサーバに設置してみたんですが非常に高速処理でした。

https://qve.jp/noname/

※ついでに雰囲気で日本語にしてみました。使えると思いますがくれぐれも自己責任で。
あまり巨大なファイルはご遠慮ください。

noname-日本語